悩んでいてもダメ!闇金相談で解決しよう

闇金問題は自力では解決できない

つい借りてしまったところが闇金だった、もちろん待ち受けているのはトラブルでしょう。
なんとかして返さなくては、家族に知られないように、被害が大きくならないように、と苦しい日々を送っているのではありませんか?

 

しかし、闇金で借りてしまうと(借りなくても自分の連絡先が知られただけでも)、自力で解決できない問題となることを知っておくべきです。
闇金で借りてしまったことを誰にも言えず、ひっそりと解決したいと願うのは当たり前でしょう。

 

しかし、それを闇金業者は知っているからつけこんでくるのです。

 

闇金で借りてしまったことを恥じる必要はありません。
ただ後悔していても時間が経ち、影響がますます大きく悪くなっていくだけです。

 

第一に、闇金というのは登録もしていない営業することすらできない存在です。
もともと借りたお金だけでなく、利息も一切返済する必要はありません

 

社会的責任を考えると、「返そう。返して終わりにしよう。」と決意しているはずです。
しかし、闇金の問題では決して終わりは訪れません。

 

言えばお金を振り込むいわゆる「良いカモ」を闇金業者がみすみす手放すでしょうか?

 

自力での解決は不可能という大前提に立たないと、闇金とは戦えません。
専門家の助けを求めましょう。

 

闇金相談を受け付けているのは弁護士や司法書士です。
また、警察でも闇金相談を受け付けています。

 

いつかなんとかできる日がやってくるとは信じないほうがよいでしょう。
今すぐ行動することをおすすめします。

 

対策しないと取り立ては永遠に続く

闇金業者の取り立ては大変激しく、なんとかしてお金を払わざるを得ない状態にまで追い詰められてしまいます。
もちろん、これが闇金の手口ではありますが、嫌がらせを受ける状態が継続すると、気持ちの上でも苦しくなってしまうでしょう。

 

闇金からの取り立て対策をしなければ、この状況は永遠に続きます。
完済の日が来ると信じて返済し続けても、絶対にそんな日はやって来ないでしょう。

 

「でも対策などをすれば、余計に嫌がらせがひどくなるのでは?」
こう考えてしまう方も多いですね。

 

闇金業者は、恐怖を感じる状態にしておいて、やむなく支払ってしまうように仕向けて行きます。
冷静な判断能力を、借りている側がなくしてしまうのです。

 

自分での対策を考える方は、警察への闇金相談を考えるでしょう。
この場合証拠集めをする必要があります

 

取り立てや嫌がらせの過程のメモ、電話連絡などを録音する、などをしないといけません。
しかし、もうそこまでの余裕がないという方は、警察ではなく司法書士や弁護士に依頼するほうがよいでしょう。

 

司法書士や弁護士でも、闇金対応しているところなら、ほぼ即日に取り立てや嫌がらせをストップできます。
一切闇金からの連絡を受けなくてよくなるのです。

 

万が一嫌がらせなどが継続してしまっても、そのフォローも専門家ならきっちりとしてくれるわけですね。

 

先延ばしにしていても、解決することはありません。
自然に取り立てや嫌がらせが減ることはないのです。

 

勇気は必要ですが、現状から前に進んでみましょう。

 

闇金の手口を知っておこう

誰しも自ら闇金で借りようとはしないはずです。
闇金もそれは分かっているので、あらゆる手口でお金を巻き上げようと準備しています。

 

闇金は、大手金融業者の名前やロゴを勝手に使っていることがあります。
安心感を持たせるために、ダイレクトメールやファックスで大手消費者金融の名前を騙っているのです。

 

CMで見るタレントの写真が加えられていることもあり、急いでお金を借りたい時などには熟考せずに申し込んでしまうかもしれません。

 

また、借りる側が「少額ならすぐに返せるから大丈夫。」という発想になるようにも仕向けます。
5,000円だけ、10,000円だけなら…と考えても、決してそんな金額で解決することはありません。

 

勝手に銀行口座にお金を振り込んでくる押し貸しを行うのは序の口でしょう。

 

「保証料が必要だ。」
「システムエラーがあったから、再度返済しろ。」
「(期日を過ぎていなくても)延滞料を支払え。」

 

言う通り全額払ったとしても「完済できていない。」とずっと続いていくのです。

 

さらに、闇金業者の一つに自分の連絡先を伝えてしまうと、あらゆる違法業者に知られてしまったと思ったほうがよいでしょう。
新たな闇金からどんどんと連絡が入ってくることもあります。

 

逃げられない、なんとかして終わらせたいと考える気持ちが、法外な請求を支払うことになってしまうのです。
また、恐怖を植え付けることで、闇金相談をしないようにしています。

 

自分が連絡をとった先が闇金だったと分かった瞬間に、専門家に依頼するべきです。
対策は早ければ早いほどよいでしょう。

 

お金がないから専門家に頼めない?

闇金相談を専門家にしようと思っても、お金がないから頼めないとあきらめていいませんか?
そもそも苦しい状態だから、闇金で借りてしまったのに、高額といわれている弁護士や司法書士に依頼できるわけがないと、決めてしまっている方も多いでしょう。

 

しかし、闇金の問題をそのままにしていてもクリアになる日はやってきません。
闇金問題を自分で解決しようとしても、行方をくらますしか方法がないのです。

 

通常の社会生活を送っている方に、そんなことは不可能でしょう。

 

一刻も早く闇金相談をするほうがよいのです。
弁護士や司法書士も、初回相談は無料というところも増えていますね。

 

また、法テラスや市区町村の相談会なども無料で行われています。

 

実際に依頼した場合は、闇金対策は債務整理などと料金設定が違っていることも多いです。
司法書士事務所、弁護士事務所によって設定は違いますが、1社につき5万円からというところがあります。

 

後払いや分割払いなどに対応しているところも多いため、現時点でお金がない場合も依頼を検討してみましょう。

 

弁護士や司法書士に依頼すると、取り立てなどが即時にストップさせられます。
不安な日々を過ごしているなら、少しでも早く依頼するべきでしょう。

 

また、どうしても依頼の費用を捻出できない時は、警察に相談して解決するという方法もあります。
ただ、警察は明らかな犯罪(暴力事件など)でないと民事不介入の原則があるため、すぐには動いてくれないこともあるのです。

 

闇金相談をためらってしまうかもしれませんが、一刻も早い行動が、より早い解決につながります。

 

闇金相談〜問題解決までの流れ

闇金相談をしてから、問題が解決するまでの流れを知っておきましょう。
依頼先によって少し違いもあります。

 

まず相談

どこに相談するか、相談先としては警察・弁護士・司法書士があります。
司法書士では、解決に当たることができる債務額に制限があります。

 

また、警察は明らかな刑事事件などでないと、即座に行動に移ってくれないケースもあるのです。
最初の相談は無料という事務所や、1時間あたり3,000円から10,000円程度の相談料の設定となっているところがあるでしょう。

 

警察では、闇金担当の部署を設置しているところも多いです。

 

正式に依頼

弁護士や司法書士なら、契約を結ぶことになります。
料金などの設定は各事務所によって違います。

 

また支払いのタイミングなどを相談できる事務所も増えていますね。

 

解決への対応

弁護士や司法書士事務所では、依頼した段階で一切の連絡を請け負ってくれるところがほとんどです。
依頼した即日に、闇金からの取り立てが止まることも多くなっています。

 

その後依頼者は、一切闇金業者とは連絡をとりません。
もしも取り立てや嫌がらせがあった場合も応対してはいけないのです。

 

あとは弁護士や司法書士がしかるべく手段を講じてくれます。
支払ってしまった金額が戻るケースも一部あります。

 

「また嫌がらせがあるかも。」
「取り立てが来るかもと思うと憂鬱。」

 

この状態を脱するためには、闇金相談をする必要があります。
自分でどんなに頑張っても解決はできません。

 

闇金からの不安から逃れるためには、迷わずに即相談しましょう。